おい、俺が本当のガラスコーティングを教えてやる 
ホーム > 現金化 > 現金化を行う際の本人確認

現金化を行う際の本人確認

クレジットカード現金化を業者を通じて行う場合にはカードローンやクレジットカードの申し込みと違い審査は行われません

手持ちのクレジットカードを利用するため審査が無いのは当たり前のことですがすべての業者で本人確認は行なわれます。

買取型と呼ばれる業者は古物商許可を取って営業を行なっているため身分書の確認は法律上でも定められているのです。

キャッシュバック型業者でも不正利用防止のために身分書確認は行われます。

近年、他人のカードを不正に利用する犯罪やカードをスキミングして作る偽造カードの換金方法としてクレジットカード現金化を利用する犯罪者や集団が多くなったため

この本人確認も厳しくなってきているようです

もちろん犯罪が絡んだクレジットカードでもお構いなしに決済できれば問題ない姿勢で営業をする業者も存在しますが、

そのような業者は手続きは簡単でも後々トラブルに巻き込まれる危険性があるため申し込みは行なわないほうが賢明だと思います。

もちろん不正利用防止のための確認の為クレジットカードも提出することとなりますが、その際の注意点としてカード裏面のセキュリティコードは隠して提出できる業者を選ぶことが大切です。

身分証明者の他にも業者によって追加資料を送る業者も存在します

そのような追加資料は申し込み後に伝えられることが多く、申込者としても不安になることもありますが、業者側もそのような情報を利用して悪さを行うようなことに徳は無い為あくまで不正利用防止の本人確認資料として提出をさせるようです。

クレジットカードを使った犯罪が多くなった現在では仕方のない身分証明書確認ですが中には悪徳業者が存在する可能性が有る為

以下のサイトなどを参考にして優良業者を探し出す必要性はあります。

http://www.genkinka-kuchikomi.info/index.php?%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88